「伝統」や「歴史」に価値がある

dome-382125_1280

こんにちは。おおはらです。

12月に入りました。朝晩を中心に冷え込むようになってきましたね。
くれぐれもご自愛ください。

さて、先月はボクが所属するグループの国際セミナーがありました。
長期間の休みをいただき、ご迷惑をお掛けしました。

ここでは内容は割愛しますが、とても有意義な時間を過ごすことができました。
これも、信頼して来室してくださる皆さん、そして家族、サポートしてくれる仲間のお蔭です。ありがとうございます。

ボクが学んでいるオステオパシーは140年以上の歴史があります。
ボクはこの歴史に「価値」を感じています。

例えば健康に関する情報は日替わりで新しいものが湧いてでてきます。この食べ物がいいとテレビで取り上げられると、スーパーでその商品が売り切れになる。なんてことも珍しくなくなってきました。でも、客観的にみると、その情報が半年、一年先まで残っているかと言えば、それはごく稀ではないでしょうか?

なぜかと言えば、答えはシンプルでその情報に価値がないから消えてなくなっていくのです。

そういう観点で物事を捉えていることもあってか、「歴史」や「伝統」が今尚引き継がれているものに「価値」を感じるのです。そしてオステオパシーに対して学びたいという強い衝動にかられるのだと思います。

IMG_5110

今回こちらの先生から直接学びを受けるのは4回目でした。当初は自分のレベルの低さもあり、ついていくのが精一杯。というより、ついていくことができませんでした。

同じ本でもそのときの理解度によって入ってくる感じが変わるのと同じで、ようやく他の受講者と同じように内容についていけるようになった気がします。

ボクが所属する 「フルクラム オステオパシー スタディーグループ」は北は北海道、南は鹿児島まで、この「伝統」を学ぶ先生方がたくさんいます。

今、グループの中でオステオパシーを広めていく活動が亀の歩み以上に遅いスピードでゆっくりと動いています。今後、もう少し早いスピードで動くと思いますので、オステオパシーに対して興味を覚える一般の方が増えてくることを期待しています。

何だかまとまりのない内容になってしまいましたね。
伝えたかったことは単純で「素晴らしい仲間と素晴らしい内容を素晴らしい先生から学んだ5日間でした」ということです。(笑)

それでは、また。