パニック障害を改善させるには

コロナによる環境変化が影響しているのかパニック障害の相談が増えています。

ここではパニック障害に対する考え方やアプローチについてまとめています。ご相談に来られる前に参考にしていただければ幸いです。

投薬治療のリスクを考慮する

パニック障害は脳神経のトラブルです。トラブルが起こってしまうと電車に乗る、会議に参加する、美容室に行く、など環境や行動がトリガーとなります。

今まで何気なくしていた行動がキッカケになってしまうわけですから、些細なことでも不安に感じて次第に行動範囲が狭くなる傾向があります。結果、生活の質が低下してしまいますので早めの対処が必要です。

パニック障害は心療内科で治療を受けるのが一般的ではないでしょうか。心療内科では投薬での治療。改善するにしたがって適宜暴露療法を行います。投薬治療は抗不安薬や SSRI と呼ばれる脳の伝達物質セロトニンに働きかける薬が処方されることが多い印象です。

投薬治療は効果が早く現れることもあれば、そうでないこともあります。また、コインに表があれば必ず裏があるように薬も作用だけではなくその裏側に必ず反作用(副作用)があります。

心療内科で処方される薬の多くは脳神経系に作用するものです。本来、体内で生成され必要に応じて分泌される伝達物質の ON/OFF を薬の力でコントロールする訳ですから、薬の服用を続けることのリスクを考慮しながら適切なタイミングで減薬していくことを考えなければいけません。

徒手療法によるアプローチ 目的と理由

パニック障害を改善させるには身体が本来有している機能を促進させる必要があります。

具体的には自律神経の機能向上と血液循環の改善です。私が施術で重視しているのがこの領域です。

自律神経には交感神経系と副交感神経系があります。交感神経は興奮や緊張に関係し、副交感神経は抑制(リラックス)に関係する。この辺は一般的に説明されることでもあるのでご存知の方が多いのではないでしょうか。

しかしながら、この旧来の理論を立脚点にするとパニック障害に対応することができません。

交感神経、副交感神経は神経の固有名称ではなく、交感神経に属する神経、副交感神経に属する神経があります。そして、副交感神経に属する神経として重要になるのが「迷走神経(めいそうしんけい)」です。

この迷走神経は2系統あり、その2系統の働きを立脚点とすることでパニック障害を改善させる可能性が高くなります。

安全な徒手療法で迷走神経の機能を向上させる

迷走神経は自然治癒力の「屋台骨」になる神経です。迷走神経が正常に機能しなくなると呼吸が浅くなる、心臓の鼓動が激しくなる、動けなくなる(凍りつき反応)などパニック障害でよく見られる身体的な症状が現れます。

一般的にパニック障害で見られる症状の多くが、この迷走神経が正常に働いていない時に現れる身体症状になります。

迷走神経は自律神経の一部です。迷走神経が働かないことで交感神経が過活動してしまい血液循環の低下に繋がることも身体の機能面からも容易に想像できます。

パニック障害は乳酸が関係しているとの報告があります。パニック障害の人に乳酸を静脈注射すると8割以上の確率でパニック症状を誘発することから、その因果関係が研究されています。

乳酸は疲れた時に出る疲労性物質です。他にも乳酸は脈が弱くなる徐脈脈や無呼吸によって蓄積されていくことが分かっています。

徐脈や無呼吸は水に深く潜る時(潜水時)に現れる反応ですが迷走神経の機能異常の特徴的な反応、凍りつき反応が繰り返されることで同じように乳酸が蓄積される状態になることが想起されます。

やや内容が難しくなってしまいましたがパニック障害を解決させる大きなファクターとして自律神経、特に迷走神経に着目しているのはこうした理由があるからです。

心療内科で処方される薬の多くは自律神経に作用します。薬による化学的な変化よりもリスクが少なく安全なのが徒手療法によるアプローチだと考えています。

減薬、そして薬が必要のない生活に

最終的に薬に頼ることなく電車に乗る、美容室に行く、ショッピングを楽しむ、などの今までできていた当たり前の日常に戻ることがゴールです。

とは言え、薬を長期間服用している場合はいきなり 0 にしてしまうと、その反動が身体に出ることが多いことも考慮する必要があります。減薬する場合は身体の反応を確認しながら段階的に減らしていくことが必要です。

個人差がありますが最初のうちは徒手療法と薬の両輪で。症状の改善傾向を確認した上で段階的に減薬していきます。そして、最終的に薬を服用せずに社会復帰する人が殆どです。

パニック障害は脳神経系のトラブルです。身体から読み取れる情報をもとに継続的にアプローチすることで症状が改善していきます。お困りの方は遠慮なくご相談ください。