「慢性外傷性脳症(Chronic Traumatic Encephalopathy)」は近年発表された比較的新しい病態です。

ボクシング、アメリカンフットボール、ラグビーなどの激しいコンタクトスポーツによって、複数回、頭部に外力が加わることで、抑うつ症状、認知症、をはじめとした中枢神経系の障害が起こることが指摘されています。

CT では問題がなく病理診断で異常が発見されたことから、発見が遅れただけで、ずいぶんと前から同じ症状で苦しむ人がいたようです。

脳は頭蓋骨という入れ物の中でプカプカ浮かんでいるようなもの。

頭へ強い衝撃が加わると、それが脳への強いストレスになることは容易に想像できます。

複数回ではなくても、頭部への強い衝撃は、時間経過とともに何らかの問題を呈する可能性があると思われます。

臨床でも、交通事故や転倒による影響が見受けられるケースに遭遇します。

関節痛で来室された 50代の女性も過去の頭部への強いストレスが起因しているように見受けられました。

この方は高校生の時に運動会で転倒。短時間ですが意識を失った経験がありました。

関節痛だけではなく、腰痛(起床時)、パニック障害、難聴、めまい、眼振など、頭部に関係する諸症状にも悩まされていましたが、今ではどの症状も寛解、または改善して落ち着いています。

オステオパシーでは、この脳震盪に対しても、いろいろな研究が行われています。

その 1つには、軽度の脳震盪に対してのオステオパシーの治療があります。オステオパシーの治療は Glymphatic system (グリンファティック・システム)と呼ばれる脳独自のリンパシステムを促進させ炎症を抑えることが期待でき、且つ、費用対効果が高いツールで、さらに調査する必要がある。と記されています。(PMID: 26927914)

この慢性外傷性脳症について、実話に基づいたウィル・スミス主演の『コンカッション(Concussion)』という映画があります。Concussionは脳震盪という意味なので、ドスレートなタイトルです。

死体解剖(検視)が専門の医師。過去に NFL で活躍していたプレーヤーが自殺し、検視を担当することになったことから物語は新たな方向に進みます。

死者を尊重する姿勢や困難と向き合う生き方など、考えさせられることが多い、いい作品でした。
ご興味があれば是非ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です