手付かずの自然の中に入ると絶妙なバランスで調和を保っていることに気づきます。そこには生も死もなく循環し、生命が営まれています。

人も自然の素材でできています。痛いところに手を当てれば、すぐに回復する子どもは、まさしく手付かずの自然、そのものです。

食事、薬、生活環境、思考など、多様な要素により、本来持っている自然の力が少しずつ鈍くなってしまいます。

その結果として表出するのが「病気」です。

結果には原因が伴います。その原因を見つけるには、「現在」から「過去」に視点を移す必要があります。

幼少期の怪我、歯列矯正、転倒や交通事故による外傷、手術、精神的ストレスなど、過去から現在に至る過程で、多くのストレスが身体に積み重なっています。

その積み重なってきた問題を見つけ出し、アプローチすることで、本来持っている自然の力を高めていきます

オステオパシーは 150年程前に医師である AT.Still が創始した自然医学です。現代医学では改善が乏しい慢性疾患に悩む人の大きな支えになると信じています。